Net_monitor iimono blog
商品試用コメント投稿モニターサイト
いいものブログ

« 2006年11月 | メイン | 2007年01月 »

2006年12月21日

おでん

by<商品モニターメンバー>ぷぅ

最近バイト帰りにコンビニによることが多い。
疲れと寒さから、やはり購入するのは『おでん』!!

おでんは大好で、冬になるとひとり暮らしとは思えないような量をグツグツを煮込んでおでんを作る私。でも、結構自分で作ろうと思うと手間がかかる。
おでんは練り物や野菜、肉気のものなど20~30種類は入れるので、下ごしらえは半日がかりになることも多いし。決して作業をのんびりとしているわけでは無く、大きな業務用の鍋で作るため、本当に時間がかかるのです。。

そして1回作ってしまうとしばらくはおでんを食べ続けることになります。そのため自分でおでんを作るときは、作るのも食べるのも大がかりになってしまうわけで。小分けにして作れば良いのではないか、との意見もあるなりが、やっぱりたくさん煮込んだほうが味が出て美味しいなりからね。アパートの知り合いなどにもっていってあげることも。

とはいえ、そんなおでんを作るのは年に1~2回程度。やっぱり材料費も相当かかってしまうので、そうそうしょっちゅうというわけには行かないのです。
でも、おでんを食べたい気分のときは年に何回でも訪れるので、そこで気分を解消する手助けをしてくれているのが、セブン-イレブンのおでん。コンビニのおでんは数あるなりが、セブン-イレブンのものが一番美味しく感じるので、セブン-イレブンを利用する頻度が高いです。
家からも近いしね。


セブンイレブンのおでんはなかなかこだわりがあるそう。
たまご作りは、たまごを産む鶏の親鶏の健康管理から全てが始まる。一般的な鶏と大きく異なる点は、抗生物質を一切使わない飼料へのこだわり。例えばDHAが豊富なイワシなどの魚粉に、たまご独特の臭みを消すハーブ、黄身の鮮やかな色を作り出すマリーゴールドなどを独自にブレンドしている。
そして大根14カロリーなど女性にとっては嬉しいカロリーの低さ。

ちなみにセブン-イレブンのおでんが最も売れる季節。それは「体感気温」が一番下がる9月から10月の秋口なのだとか。
「体感気温」とは、セブン-イレブンの言葉を借りれば「前日までとの気温差によって肌で感じる寒さ・暑さのこと。たとえば、毎日30度以上の夏日が続いたあとに、急に秋風が吹き25度くらいになると、人は肌寒く感じ、これまでとは違う温かいものが恋しくなります。同じ25度でも、前日まで20度の涼しい日が続いたあとの25度とは、不思議なことに全く感じ方が違います。これが『体感気温』なのです」とあるなり。「体感気温」が下がる季節に売れ始めるのは分かるなりが、真冬よりも売れるとは、ちょっと意外な気も。

歴史もすごい!!やっぱり私が好きなコンビニです。
昭和54(1979)年、最初におでんを売り始めたコンビニはセブン-イレブンだったとか。
当初は冬期限定でしたが、いつの間にか1年中買えるようになったそう。

専門店のおでんは高級路線に傾きつつあるものの、やっぱりもっと身近な存在であってほしいと思いますね。子どもが駄菓子屋でおでんを買う光景はありし日の思い出になりましたが、コンビニの出現によって、高級化をたどったおでんは、どこでも気軽に食べられる庶民のスナックの地位を再び取り戻したのです。

コンビニ各社はおでん研究にも余念がなく、味はどんどんグレードアップしています。店舗によっておでん鍋にかける手間が違うのが欠点ですが、今では下手な専門店や屋台にも負けないぐらい。おでん種の素材にこだわったり、だしの味に地域差を付けたりしています。
   
ぜひみなさんもたまにはコンビ二に行ってみてください☆彡

◆商品名 おでん
◆販売元(メーカー) セブンイレブン
◆購入価格 500
◆購入場所 コンビニ
◆購入した店名 セブンイレブン

2006年12月19日

旅行サイト

by<商品モニターメンバー>近所のおばちゃん

旅行サイトもいろいろあるねー。
春に子供が飛行機代かからないうちに海外旅行に行ってこようと色々なサイトに出かけて行ってます。

その中で、http://zeropass.jp/ は、ちょと変わってておもしろいかも??

って思ったんで紹介!!

そのサイトは最初の画面で旅行会社が選べて、
そこから気に入ったツアーコードを控えて、
「ゼロパス」というそこのサイトに戻ってきてツアーの申し込みをするだけで、同じツアーなのに、ポイント還元。って形で割引されちゃうの。

旅行代金の8%がポイント付くってすごいよね。

◆商品名 海外旅行ツアー
◆販売元(メーカー) 旅行会社
◆購入価格 場所により異なる
◆購入場所 ネット、通販
◆購入した店名 ゼロパス

2006年12月12日

メイク落としから体まで洗える、洗顔ソープ

by<商品モニターメンバー>445

私は、毎日使うスキンケア用品は、肌に負担をかけないように無添加にこだわり続けています。

先日、洗顔ソープが無くなったので、100%天然のオーガニックのオイルでできているという、マジックソープバーをたまたま買ってみたところ、これがとてもよかった。

洗顔の時もサッパリしている上、朝起きてからの肌のカサカサ感がない!単純なオリーブ石鹸とは違って、オリーブ油、ヤシ油で作ったベースに、ヘンプ油(麻の種から取れるオイル)と保湿成分ホホバ油を絶妙にブレンドしているんだとか。

もちろん、合成界面活性剤、合成防腐剤、合成着色料は使用していないので、肌にも地球にも優しい。私は洗顔のみに使っていますが、メイク落としや全身にも使えるとのことです。お子さまがいらっしゃる方も安心して使えるんじゃないでしょうか。
 
購入後に知ったのですが、かなり話題の商品らしく、スーパーモデルさんも愛用しているみたいですね。実際、使ってみて納得です!

◆商品名 マジックソープバー ベビーマイルド(無香料タイプ)
◆販売元(メーカー) Dr.ブロナー社
◆購入価格 882
◆購入場所 ドラッグストア
◆購入した店名 ソニ-プラザ

2006年12月07日

主婦の味方!たっぷり使えて潤う肌

by<商品モニターメンバー>ミッキーちゃん

【要約文】
私だってきれいになりたい!家計を預かる主婦だからこそ身近でいい商品を安く購入したい!
そう思っている人おすすめ化粧品。
低価格なので遠慮せずたっぷり使えるのでお肌も元気!家計も幸せ!

【本文コラム】
子育て真っ最中で主婦の私は忙しい毎日の中、いつもきれいになりたい!もっと自分に手をかけたい!と思っていても家計からは毎月エステに何万も使うなど余裕は当然なく、せめて化粧品は!と思ってもテレビや雑誌に紹介されている化粧品は150mlで6000円、美容液10000円などで専業主婦の私には自分のためにそんなお金を使うのは気兼ねしてしまい手が出しにくい。
そのため私は化粧品が無くなってはその時、お店で安売りになっている商品を買ってはちびちび少量づつ使ったり、時には試供品で1ヶ月乗り切ったこともある。

しかし20代も後半になり、
こんな雑な手入れでこんなことをしている場合ではない!
年は確実に重ねているのにこんなことでいいのか。
しかも私は乾燥肌。

「あーもっとしっかり化粧水を使いたい」

どこかに手軽に買えて、私に合う化粧品ないかしらと毎日鏡を見てはため息をつき思っていたときでした。

たまたま家の近くにオープンしたドラックストアーがオープニングセールをしていましたので立ち寄って化粧品をみていたら、「ちふれ」の化粧品に目が留まり、価格の安さと商品の豊富さに驚きました。
帰ってさっそくインターネットでちふれの会社と商品について調べ、しっかりした企業であり商品説明がきちんと一つ一つされており、さらに商品についても、つかっている成分などもちゃんと書いてあり、それを読んで納得・安心をしたので、次の日さっそくちふれ化粧品一式(化粧水・美容液・保湿クリーム・ファンデーション・化粧下地・ハンドクリームなど)購入してみました。

一式まとめて購入したのは何年ぶりだろう?
しかもうれしいことに全部で価格は4000円かかっていない!
なんて安いんだろう。

この日の私は安くまとめ買いできた満足感と早く使ってみたいという気持ちでいっぱいでした。

家に帰りさっそくその日の夜から使ってみました。
私は肌が弱い体質なので合わなかったらどうしよう?と少し心配でしたが、使ってみると化粧水がスッとなじむではありませんか!
私にぴったり!
その次に美容液、保湿クリームとつけた後、肌を触ってみると「しっとり」うるおっている肌に感激しました。
主人にも「ちょっと触ってみて」とおもわず言って触ってもらいました。
主人は「よくわからんが、よかったな」と言ってくれました。

美容液なんて高くて贅沢だ自分では絶対買わないだろうと思っていただけに、買えた時は本当にうれしかったですし、つけたときはそれだけできれいになった気がしました。
いままでの化粧水はだいたい1000~2000円で購入していましたが、これからは600円。
半額以下です!
毎日たっぷり思う存分使える気持ちよさが肌にもいいみたいです。

人にはそれぞれ手の出せる範囲があると思います。
高い商品が買える人もいればそうでない人も。

でも自分に合っていて、なおかついい商品が安くあれば、どの家の家計にとってもうれしいことです。
ちふれシリーズは主婦の気持ちを分かってくれていると思いました。

それに手に入りやすいドラックストアーにおいてあるというのも購入しやすさの理由になります。
いい商品が身近な場所でお手ごろ価格で手に入り、品数も豊富であったら必ずリピーターになりますし、学生から年配の方まで幅広く活躍できる商品だと思います。それに浮いたお金で家族と外食できたり、料理が一品増えたり服を買ったりと他にまわせるので主婦としてやりくり上手!と夫に言われるはずです。

【アドバイス】
ファンデーションを選ぶ時、化粧下地はUVカットのものを選んだので普通のを買ってしまいましたが、やはり何度UVはカットされてもいいものです。値段も一緒ですのでファンデーションもぜひUVカットの物をお勧めします。
それとちふれの化粧品をおいてあるドラックストアーとおいてないところがあります。
わりと大きなスーパー(ダイエー・ジャスコ・イオンなど)においてあることが多いですよ。

◆商品名 化粧水・美容液・保湿クリーム・ファンデーション
◆販売元(メーカー) ちふれ
◆購入価格 578・630・1050・840
◆購入場所 ドラッグストア

プチチョコパイ

by<商品モニターメンバー>翔子

ミニサイズのお菓子や、ラーメン、カップ麺をよく見かけるようになりました。一度に食べきることができない人には、うれしいですね。
最近、テレビCMでもよく流れている「プチチョコパイ」もそのひとつです。

いままでは、6個入り(箱入り)やお徳用11個(袋入り)の2種類があったのですが、1個あたりが大きいので、食べ残すこともあります。また、食べるときにばらばらとこぼれてしまうこともあります。
 その点、今回できた8個入りは、1個のサイズが小さいので、食べ切りやすい大きさになっています。また、手で割って食べると、こぼれる率も減り助かります。


◆商品名 プチチョコパイ 8個入り
◆販売元(メーカー) 株式会社ロッテ(東京都新宿区)
◆購入価格 198
◆購入場所 スーパー
◆購入した店名 さとう(北近畿の大型スーパー)


ページトップへ PAGE TOP
| TOPページ |

このサイトで使用されているすべての写真・文章・画像等の無断転載使用を禁じます。
Copyright (c) 2000-2012 Mellinks Inc All Rights Reserved