Net_monitor iimono blog
商品試用コメント投稿モニターサイト
いいものブログ
≪スルスルスルーっと | メイン | ナチュレルSPゲルクリーム≫

2006年03月22日

チャイルドトレーラー

by<商品モニターメンバー>@ism

【要約文】
買い物や保育園までの道のりに問題がなければ、是非、チャイルドトレーラーをお試しください。
自転車でも子ども2人を楽々運べます。

【コラム本文】
自転車に子ども2人を乗せることは基本的に法律違反です。でも実態は、子ども2人を連れて自転車で移動するお母さんも多いはず、ダメといわれても「じゃあどうすればいいの?」「子どもを連れて外出するなというの?」と反論されそうです。地方では車移動が殆どですが都市部ではそうも行きません。自転車は大変ですよね。

私は3年ほど前からチャイルドトレーラーを使っています。チャイルドトレーラーとは、自転車の後ろに連結する、昔で言う荷車の人間版、牽引車とも言います。確か日本のメーカーは扱っていなかったと思いますが、アメリカやヨーロッパでは、自転車の後ろに子どもやペットを牽引して走ることも珍しくないので、そのようなトレーラーが普及しています。私の使用しているのはBELLというメーカー、アメリカの製品です。ヤフーオークションで購入しました。アメリカからの送料込みで3万円程でした。

このチャイルドトレーラー、どのようなものか簡単にご説明します。

●トレーラーの子どもが乗る部分は、ビニール製の覆いがついています。前方にはメッシュカバーが二重についており、風通しも確保できます。
●座席には安全ベルトが装着されており、子どもの肩と腰をベルトで固定した状態で、2人並んで座れます。2~3歳の子ども2人分の体重まで大丈夫です。
●タイヤは丈夫なものが左右両方に着いています。自転車に連結する部分は、座席部から一本延びた細いアームの先端が自転車の後輪のフレームに挟み込まれるようになっており、そこにフレキシブルバネが着いています。装着はとても簡単、殆どの自転車に対応します。
●座席の後ろにはバッグや荷物が入れられるスペースもあり、買い物や、保育園の荷物が入れられるのでとても便利です。登り道は漕ぐのが少し大変になりますが、一度に沢山運べる利点があります。
●トレーラー自体は軽くて、牽引していても気になりません。子どもが並んで2人座れるので、本体は少し幅があります。細い場所を通り抜けるときには注意していないと挟まれてしまいます。まあ、慣れれば問題ありません。

走っていると、沿道ですれ違う人が喜んで手を振ったり声をかけてくださるので、子どもたちにとても良いコミュニケーションが生まれます。我が家の場合は、保育園へ行くまでの道沿いのおばあちゃんや子どもたちとは挨拶や言葉を交わすほどの顔見知りの関係になってしまいました。 

チャイルドトレーラーで走るときの注意事項。

●トレーラーは牽引車になりますので、自転車とは区別されます。このため原則的には、歩道を走ることができません。ただ、それは安全で側道にゆとりがある車道が整備されている上での話。無理な車道走行は危険ですので、歩道があればそちらを走ったほうが安全です。
●日本ではこのトレーラーはとても珍しく、歩道走行か車道走行か、など誰も気にしていないといってもいいと思います。そんなことよりも、まず安全第一!何か言われても「こんな危険な車道を子どもを乗せて走ることはできません」ときっぱり言いましょう。
●狭い歩道は走れなかったり、車道の側道に余裕がないところは危険なときもあります。走るルートはあらかじめチェックしておいた方が無難です。
●自転車にバックミラーをつけると、後ろの状況が見えるのでより安心です。
●トレーラーにフラッグをつけて、後ろから来る車に対し存在をアピールすることも安全策の一つです。ヨーロッパなどでは、子ども用の自転車にはフラッグをつけている国も少なくありません。
●交通量の多い場所を走るときには、ヘルメットをかぶることも大切です。もちろん子どもにもかぶせます。子どものヘルメット姿、可愛いですよ。
●そして、できるだけ住宅街などの車の少ない道を走ります。抜け道を探しましょう。

買い物や保育園までの道のりに問題がなければ、是非、チャイルドトレーラーをお試しください。可愛くて自転車が楽しくなります。

【アドバイス】
何よりも安全第一で、でも、もっともっと自転車を楽しみましょう。商品はインターネットで検索できます。他にも幾つか類似商品があります。
価格帯は3~5万円程度です。

◆商品名 = チャイルドトレーラー
◆販売元(メーカー) = BELL社
◆購入価格 = 30,000
◆購入場所 = ネット、通販
◆購入した店名 = ヤフーオークション

2006年03月22日 13:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hiromel.net/movabletype/mt-tb.cgi/298


このサイトで使用されているすべての写真・文章・画像等の無断転載使用を禁じます。
Copyright (c) 2000-2018 Mellinks Inc All Rights Reserved